にんにくの凄さをみんなにご紹介!!

すごいぞ!!にんにく卵黄 にんにく卵黄に関する情報 にんにく卵黄とは にんにく&卵黄の効能 にんにく卵黄の摂取方法 にんにくと相性が良い食材 にんにくの種類 サプリメントとは? 健康食品とは?
すごいぞ!!にんにく卵黄
『すごいぞ!!にんにく卵黄』はリンクフリーです。もし良ろしければたくさん紹介してください!もちろん、リンクの許可等は必要ありません。バナーはご自由にお使い下さい。

にんにくの歴史

にんにくは、一説によると約3500年前以上も前から栽培され、スタミナ食として知られています。また古代エジプトのピラミッド建築に従事した人々のにんにくの消費量は相当な量であったと言われています。にんにくは、当時医薬品として、厳しい労働による疲労・感染症等の予防や治療に欠かせないものでした。そのために、にんにくに支払われた銀の量がピラミッドに記載されているそうです。きっと古代の人々は経験的ににんにくの効能を知っていたのではないでしょうか。にんにくの原産地は中央アジアとされています。エジプト・メソポタミア・インド・中国・朝鮮半島を経て日本へ伝えられました。日本最古の医学書といわれている「医心方」(994年)に、にんにくを使用した処方箋やにんにくの効能が多数紹介されています。現在日本では、にんにく消費量の約半分近くを主に中国からの輸入に頼っています。日本国内の代表的なにんにく生産地は青森県・香川県・宮城県・長崎県・佐賀県・徳島県・高知県などです。中でも青森県はにんにく国内生産の約70%以上を占めています。その特徴は、粒が大きく実のしまった良質なにんにくです。にんにくの効能もより一層期待できそうです。また変わった健康食品なら、冬虫夏草もお勧めです。こちらも中国から伝わったものなので、冬虫夏草で若々しく健康を維持することが期待できます。アトピー性皮膚炎予防なら青汁だけでなくビタミンCなども同時に摂取するといいでしょう。

ニンニクパワー

にんにく特有の臭いのもと、アリシンは高い殺菌作用があります。そのパワーは0-157も死滅させるくらい強力です。さらにアリシンはビタミンB1の糖質をエネルギーに変換させる働きをにんにくは高めていきます。その結果として、新陳代謝が活発になり、肉体疲労に効果を発揮します。にんにくには有効成分スコルジニンが含まれています。このスコルジニンには新陳代謝を活発にして、栄養素をエネルギーに変えてくれる働きをします。また、にんにくの効能としては体内のビタミンB1の働きを活発にして、滋養強壮や疲労回復に効果を発揮してくれます。

にんにく卵黄の作り方

にんにく卵黄は、昔、九州の家庭ではお母さんやおばあちゃんが家族の健康維持のために手作りをしていたものでした。にんにく卵黄はにんにくはカラダにいい、卵は栄養がつく、そんな先人の知恵が生きているものなのです。にんにく卵黄の家庭での作り方を紹介します。

@皮をむいたにんにくを鍋に入れ、ひたひたになるまで水をそそぎます。
A鍋に火をかけ、こがさないように注意しながら、にんにくが完全に柔らかくなるまで煮ます。
Bにんにくを完全につぶしてドロドロの状態になったら、卵黄を加えてよく混ぜます。
CBをフライパンに移し、こがさないように注意しながら、トロ火で練るようにして水分を飛ばします。
D完全に乾燥させてカラカラの状態にします。
Eミキサーにかけ、粉末にする。これでにんにく卵黄の粉末の出来上がりです。

にんにく卵黄を作るときに気をつけておきたいのは、にんにく卵黄を作ると一週間ぐらいは部屋がくさくなります。作るとき、出来ればにおいが気にならない場所で作るか、覚悟して作ることをお薦めします。

Favorite

酵素サプリメント|みやびの植物酵素サプリ100

アレキサンダーリーチャン取扱店【HUTCH】

プーアール茶(国産)を送料無料で販売

性病検査のセルシーフィット(公式サイト)